ステッペンウルフ産駒が初勝利 鞍上「追って味があるタイプ」

2024年05月15日 19:30

ゼロアワーが人気に応え勝利(c)netkeiba

 15日、ホッカイドウ競馬の門別競馬場でJRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬戦)が行われ、新種牡馬ステッペンウルフ産駒のゼロアワー(牝2歳、佐々木国明厩舎)が1番人気に応え、2着に8馬身差をつけて逃げ切り勝ち。1分7秒2のタイムでデビュー戦を飾った。

 2018年にホッカイドウ競馬でデビューしたステッペンウルフは19年京浜盃優勝馬。12戦5勝(重賞1勝)で現役生活を退くと日高町の新生ファームで種牡馬入り。初年度の登録頭数は1頭で、その1頭が大仕事をやってのけた。新種牡馬の産駒初勝利は、5月1日に産駒ウィルオレオールが初勝利を記録したレッドベルジュールに続いて2頭目。

 ゼロアワーの手綱を取った阿岸潤一朗騎手は「スピードの違いでハナに立ってしまったが、追って味があるタイプだと感じていたのでじっくり乗った。最後は思ったとおりにしっかり伸びてくれた。将来的には距離は伸びても大丈夫だと思う」と神妙な面持ちでレースを振り返った。

新着ニュース

ニュースを探す

ベータ版について

netkeibaオーナーズベータ版をご利用いただきありがとうございます。
現在、ベータ版として全ての機能を無料公開中ですが、正式版のリリースに伴い一部の機能を有料化する可能性がございます。
大変恐縮ではございますが、ご了承ください。

サービスについての詳細は、netkeibaオーナーズについてをご覧ください。