最高価格はキズナ産駒のホームタイムの2022 JRAコンソレーションセール

2024年05月29日 16:30

ホームタイムの2022(写真はブリーズアップセール上場に向けて22日に公開調教を行った際のもの、(c)netkeiba)

 JRA育成馬を売却するインターネットオークション「JRAコンソレーションセール」が29日午前10時に開催され、上場された3頭すべてを売却した。

 最高価格は昨年のセレクションセール取引馬「ホームタイムの2022」(牝、父キズナ)の7,000,000円(税抜)。半兄には愛国で行われている長距離重賞サヴァルベッグS(G3)2着サンチャートがいる血統。亀岡和彦氏によって落札された。

 ほか、カリフォルニアクローム産駒の牝馬が4,700,000円(税抜)で、シニスターミニスター産駒の牝馬が3,000,000円(税抜)で落札。総額16,170,000円(税込)を売り上げている。

新着ニュース

ニュースを探す

ベータ版について

netkeibaオーナーズベータ版をご利用いただきありがとうございます。
現在、ベータ版として全ての機能を無料公開中ですが、正式版のリリースに伴い一部の機能を有料化する可能性がございます。
大変恐縮ではございますが、ご了承ください。

サービスについての詳細は、netkeibaオーナーズについてをご覧ください。